Rubyの魔神 このページをアンテナに追加 RSSフィード

   「Ruby」は宝石の魔神のイメージ(The Jinn of the Ruby)
[DMY] [VB] [VB6] [Python] [C#] [Android] [電子工作] [個人メモ] [仕事メモ] [アイデア] [TstLink] [CE] [LTSA]
[自動化] [Qt] [OCaml] [3Dプリンタ] [TOOLS] [RAA] [Forge]
  [機能別索引] [逆引きRuby] [マニュアル] [るびま] [標準ライブラリ] [るりまサーチ] [Try! Ruby] [PRaggerまとめ] [ピジョン・ブラッド]
   [Rubyコーディング規約] [プログラミングのオキテ] [Rubyist SNS] [TOOLBIS]
   [RubyネットワークProg] [druby] [コードなにがし] [RDocテンプレ] [Ruby/Tkサンプル]
   [WAVE] [Xperia] [github] [twitterなど] [EA] [マクロ]

2007-12-13

warn

08:52 | warn - Rubyの魔神 を含むブックマーク はてなブックマーク - warn - Rubyの魔神 warn - Rubyの魔神 のブックマークコメント

warn(mesg)

ruby 1.8 feature

mesg と改行を順番に $stderr に出力します。組み込み変数 $VERBOSE が nil のときは何も出力しません。

$stderr.print mesg, "\n" unless $VERBOSE.nil?

と同じです。nil を返します。

http://www.ruby-lang.org/ja/man/?cmd=view;name=%C1%C8%A4%DF%B9%FE%A4%DF%B4%D8%BF%F4#warn

$VERBOSE

冗長メッセージフラグです。Rubyインタプリタへの -vオプションでセットされます。

ruby 1.8 feature

警告レベルは三段階あり、それぞれ以下の通りです。

* nil: 警告を出力しない

* false: 重要な警告のみ出力(デフォルト)

* true: すべての警告を出力する

コマンドラインオプション -W[level] でレベルを指定できます。それぞれ、-W0, -W1, -W2 (or -W) が対応します。 -v や -w を指定した場合は -W2 と同じです。

nil, false 以外を設定すると値は true になります。

http://www.ruby-lang.org/ja/man/?cmd=view;name=%C1%C8%A4%DF%B9%FE%A4%DF%CA%D1%BF%F4#a.24VERBOSE

warn でメッセージを出して -w をつけてデバッグ

トラックバック - http://ruby.g.hatena.ne.jp/garyo/20071213